S.T. DUPONT

Elegance

高級素材をまといピュアなラインを描くコレクションは、このライターをエレガンスのピュアなオブジェへと変身させます。ライターにこだわる人なら一目で分かる、その高級素材と蓋を開く際の有名な「ピーン」という音により、このライターはエス・テー・デュポンのアイコンとなりました。

有名な「ピーン」という音

Ligne 2 ライターは、キャップを開く際のクリスタルクリアな「ピーン」という音が特徴的で、すぐにそれと分かります。 この「ピーン」という音は、1976年にLigne 2 ライターで偶然に生まれました。しかしながら、アフターサービスで受け取るLigne 2 ライターの多くで、持ち主がこの音を完成させようとしてわずかに‘改造’していることに気がついたプロダクションチームは、ついにLigne 2 ライターのデザインも構造も変更しないことに決めたのです。

41件中 1-41件表示
41件中 1-41件表示